骨盤矯正、流行ってますよね。

店舗の窓に「骨盤矯正」と大きく書いてある整体院も珍しくありません。(下北沢にもいくつかございますね。)

このページでは

  • 整体リーニアの骨盤矯正の目的、効果
  • 整体リーニアの骨盤矯正は他のお店とどう違うのか?

についてお話し致します。

骨盤矯正の目的、効果

整体リーニアの骨盤矯正は全身を調整するなかでのひとつの調整法として用いております。

バラバラになった身体の機能を再び繋げ、本来持つ機能を取り戻すことを目的に矯正を行います。

整体リーニアで行う骨盤矯正の効果としては

  • 身体の痛み、つらさが和らぐ
  • 姿勢が整い安定感がでる
  • 眠りが深くなる
  • お通じが改善される
  • むくみがとれる
  • 足の運びが軽くなる
  • 肉付きがスリムになる

といったものがございます。

調整するのは、全身

「骨盤調整」ときいてみなさまは骨盤だけを調整するものだと思いますよね?

実は、骨盤だけでは不十分です。

調整するのは「全身」です。

特に整体リーニアの骨盤調整では、骨盤の土台である「足の骨」の調整を重要視しております。

建物を例にすると、土台が崩れてしまえば上側はさらに崩れてしまいますよね?

これは人の身体も同じことが言えます。

人の身体の土台は足。

つまり足が歪んでしまうと上にある骨盤は更に歪んでしまうのです。

骨盤のみ調整しても、土台となる足が歪んでいては効果は一時的なものになってしまいます。

根本から歪みを取り除くためには足を含めた全身の調整が必要です。

足の骨の調整について

足の骨はくるぶしから下だけで26個存在します。

両足合わせて52個、人体の骨は206個と言われてと言われているので1/4以上が存在しています。

この片足26個の骨がうまく組み合って、身体の土台としての役割を果たしています。

しかし、現代人はイス生活の長さによる運動不足、靴の機能性が高くなりすぎているといった原因から足の機能性が低下している方が多いです。

機能性の低下から足の骨が歪み、全身の歪みへと繋がります。

整体リーニアの調整方法はこの足の機能性を取り戻すために、26ある骨のひとつひとつの動きをつけるように調整いたします

この調整法が全身の不調に対して非常に有効なのです。

自律神経への効果

また、骨盤調整をすることで自律神経へのアプローチが可能です。

骨盤の仙骨という骨には副交感神経というリラックスや内臓の働きに関わる神経が接合しています。

骨盤が歪むと副交感神経にも負担がかかり、不眠やむくみ、生理不順をはじめとした様々な症状を引き起こす可能性があります。

つまり、骨盤の歪みを取り除くことは骨盤自体の見た目だけでなく、身体全体の内面に対しても効果を出せるということです。

是非ご相談ください。