リーニアは産後のママさんの気持ちと身体のケアにも力を入れております。

産後には骨盤矯正が必要だと様々なメディアで取り立たされています。

その為か、今まで産後の整体を受けたいという方を沢山担当する機会に恵まれてきました。

産後のママさんは出産後、身体が回復しないまま過酷な育児に入ります。

睡眠も食事もまともにとれず身体はボロボロ。辛いですよね。。

そんなあなたの力になりたいと思い産後のケアをしております。

ここでは整体リーニアにおける産後の整体の考え方を書き連ねます。

産後に整体を受けるとあなたが受けられるメリット

  • 身体のバランスを戻すことができる。
  • 身体の使い方が上手くなり、抱っこが楽になる。
  • 抱っこが楽になれば赤ちゃんも気持ち良くなる。
  • お母さんの気分が明るくなれば赤ちゃんも嬉しい。
  • 家族以外で話す相手ができる。
  • 育児から離れる時間をつくるきっかけになる。
  • 出産後の尿漏れ、身体の痺れ、節々の痛みといった身体の不調に対応できる。

産後はいつから整体すべきか?

産後はいつから整体を受けていいの?と疑問に思いますよね。

整体の流派によっては出産直後から整体は有効とされています。

しかし、お母さんの体力回復と育児の多忙さを考えると産後すぐに矯正を受けるのは少し無理があるかな、と私は感じます。

なので、リーニアの方針としてはある程度育児に慣れて余裕ができてからいらしていただければ、と考えております。

(最短で受けたい場合、基本的な目安としては1ヶ月後です。)

なぜ産後に歪むのか

妊娠中の姿勢

妊娠後期になると、胎児の成長に合わせてお腹がどんどん大きくなっていきます。

このままだと頭が前に倒れてしまうので、腰を反らしてバランスを取ります。いわゆる反り腰ですね。

人間は姿勢を記憶するシステムがあるので、出産後も反り腰が残ってしまいます。

ホルモンの影響

妊娠後期から分娩後しばらくまでリラキシンというホルモンが分泌されます。

リラキシンは赤ちゃんが産道を通りやすいように、骨盤だけでなく全身の関節を緩くさせる効果があるホルモンです。

緩んだ関節が元に戻るには半年〜1年かかると言われておりますが、育児は待ってくれませんよね。

関節が緩んだ状態のまま育児が始まるので、身体の歪みが大きくなったり筋肉の負担が強くなってしまいます。

骨盤以外の身体の歪み

開く骨盤に合わせて、身体の各部分もそれぞれ歪みが現れます。

例えば

  • 足の場合→内側に足が捩れる
  • 手の場合→手首が小指側に曲がる
  • 肩の場合→肩が上がって脇が開く

と、いったような歪みが現れます。

骨盤が開いても半年〜1年で元の状態に戻るということは先程お話し致しました。

ですが、手足や背骨といった他の部位の歪みが残ってしまい、その歪みに引っ張られて骨盤が歪んでいるようにみえる場合があります。

現に、出産から1年以上経過して骨盤の歪みや不調を感じている方は、骨盤でなく他の部位の歪みに原因がみられることが多々ありました。

整体リーニアの骨盤調整

整体リーニアでは骨盤のみでなく全身を調整致します。

骨盤のみ調整して根本改善ということは少なくとも私の中ではありえません。

頭からつま先まで骨盤含めた全身を調整することで大きな効果を出せると感じております。

人間の体には206個もの骨が存在し、関節は260以上あると言われております。

その数多くの関節が歯車のように連動し身体が動いているのですが、ひとつの関節が歪むだけでも動きに支障が出てしまうのてす。

つまり、骨盤の歪みを取り除くためには全身を細かく触れ、歪みの原因を徹底追求する必要があります。

リーニアの整体は強い痛みを伴うものではありません。

お客さまひとりひとりに寄り添った整体を提供致します。

是非ご相談ください。

頭蓋骨調整も効果的

産後のケアには頭蓋骨調整も非常に良好な結果を出してきました。

産後間もない方はホルモンバランスの大きな変化、生活環境の激変により非常に脳に負担がかかります。

また、赤ちゃんの泣き声は人間を自然に警戒モードに入らせる効果がありまして、これがイライラのもとになり更なる脳への負担になるのです。

こんなストレスまみれの状態では頭は歪むばかり。。

頭蓋骨を整えてあげることで身体はもちろん、気持ちもスッキリします。