2018.2.7 BA(Body analysis)セミナー

2018.2.7 BA(Body analysis)セミナーin solecka

整体サロンソレシカにて開かれた姿勢分析セミナーBAにいってきました。

身体の機能をスキャンする為の姿勢分析、機能向上の先にある凛とした美しさを創る為のパッケージ。壁立ち?クソだよクソ!なセミナー。
考え方が広がって仕事がより楽しくなりました。

身体を治す為にはまず、なぜ壊れるか要因は何なのかを知る必要がある。
重力下で立っている時はただ立っているのではなく、前後に倒れこむ力が相殺しあっているバランスをとっている。

それをロジカルに考える。(受け売り)

左僕、真ん中自分の分析図、右いい姿勢の図

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕の場合、下半身が重力線よりも前に出てるから、背中が後ろに引き上げる力が必要になって硬くなってる。

硬い背中の代わりに首の負担が増してしまうから柔術後に首が痛くなるのかも。あと胸の部分がこんな歪んでたらそりゃ肋骨も折れるし手も痺れるわな。

突き詰めていけば柔術だけでなく、スポーツによる怪我を減らすことができるようになりそうだ。

 

ていうか、すっごい身体がゆがんでる。。

切羽詰まっているのが身体にでていますね。。はぁ。。

 

次の記事

久しぶりの柔術